スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ナマ本番と録音と・・・

長野松代総合病院さまから作曲のご依頼を頂いた、運動部の応援歌。

今日は、そのピアノバージョンの録音をしに、病院へ行って来ました。


たま~に本番で弾くことはありますが、録音は初めて。

うまく録ることにアタマがいってしまいがちで、それが難し~い。


毎日ウチで指の練習だけやっててもダメね(-_-;)(-_-;)


一階ロビーにある自動演奏ピアノで、時々流されるようです。

機会があったら聴いてくださいまし♪

DSC_5240_convert_20131011223333.jpg
スポンサーサイト

応援歌の出産

長野松代総合病院運動部さまの、第二応援歌の作曲、完成しました。

豪華(?)なブラス付きです。


詞は、院長先生ご自身がお書きになりました。

ちなみに、病院のロゴも院長先生の手によるデザインだそうです。

多才なお方です。


まことにありがとうございました。

またのご依頼をお待ち申し上げております。

matsusiro_4985_convert_20130706015704.jpg

一茶のお誕生日会

今年は俳人、小林一茶の生誕250周年だそうです。

ホクト文化ホール自主公演、「一茶のお誕生日会」で演奏された音楽の
アレンジャーとして参加させて頂きました。(2013年6月15日(土))
issa1_convert_20130618115913.jpg

Eテレの「にほんごであそぼ」の中で歌われている曲や、
一茶の生涯を描いた紙芝居のバックグラウンドミュージックのアレンジです。

今回は、音楽だけではなくて、紙芝居の各場面にどんな曲をつけようか、といった、
紙芝居を読む人との共同作業がありました。これが私にとってはとても楽しかったです。

絵も、工作も、演奏もすべて地元のアーティスト&子供達によって手がけられました。
子供向けの企画だったので、本番中も会場は賑やかな雰囲気でしたが、
どんぐりころころの演奏のとき、客席の子供たちが一緒に歌い始め、私はすっかり
リラックスモードになりました。

子供はみんな無邪気でかわいいです。
大人になるとなんであんなに憎らしくなるんでしょうかね?


栄村の小学校の生徒さんも、合唱してくれました。
本当に楽しそうに幸せそうに歌っていてかわいかったし、元気いっぱいでした。

彼らは本番の一週間ほど前から何度かバスで長野市までリハーサルに来て、私の姿を見て
「あっ、おさるさんだ!」
と言いました。後でウッキー!と言ってやればよかったと、後悔しました。
子供にはちょっと音域が低いかな、と思って書いた所をリハーサルの時にズバリ指摘され、
内心ドキドキしたこともありました。

子供の感性っていろんな意味で豊かです。
大人になるとなんであんなにつまらなくなるんでしょうかね?

おさるさんとのリハーサル後
issa2_convert_20130618115956.jpg


子供たちから応募された俳句を歌の中にはめて歌う
「元気でいこう!ごもじもじ」という曲も歌われました。

お仕事を頂いたときに参考に見た、震災に遭った福島県での「にほんごであそぼ」の放送DVDでは
「ありがとう」とか「泣かないで」という言葉が多かったのですが、
今回、長野の子供たちの俳句には、花や虫や魚の様子を描いた言葉がとても多かったのが印象的でした。

自然に恵まれた豊かな環境を、これからも大切にしていきたいと、あらためて思ったのでした。

みなさん、ありがとうございました@楽屋
issa3_convert_20130618122220.jpg

おまけ画像@打ち上げ
ミュージシャンを追いかけ会場中を走り回ってインタビューしていたところ、
クラリネット奏者にマイクを奪われ、逆にインタビューされていますissa4_convert_20130618120124.jpg

ストリングアンサンブル

音楽教室の弦楽器部門のアンサンブルコンサートで

指揮をつとめさせていただきました


毎年やる教則本の曲やパッヘルベルのカノンの他に、

夏に軽井沢で聴いたハーディングの演奏が印象に残っていた

バッハの管弦楽組曲no.3の中のアリアも演奏しました


毎年この時期に弦のアンサンブルをやるのが定着してきたので

こんどは管楽器も入れてオケにしたいネ!

などという話も出ましたが、弦だけの透明な響きがやっぱりイイ!


来年は何をやろうかなぁ

画像 001

ブラバンを愛する皆さまへ

T-スクェアの名曲

「宝島」

をアレンジさせていただいた楽譜がこのたび出版されました。

http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTW01087534
GTW01087534.gif


フルート&マラカス
クラリネット&カウベル
バスクラリネット&タンバリン(カスタネット)
アルトサックス&アゴゴ
パーカッション(トライアングル、シェーカー(カバサ)、スネアドラム、サンバホイッスル)



とちゅう、全員パーカッションに持ちかえてパーカッションアンサンブルになります。

むふふふふふふ

本番前のこぼれ話

先週のヴァイオリンの発表会が終わってはじめてのソルフェージュレッスンでした。


「あわてちゃってテンポがきまらなかった」

「弓を正しく持てるようにしたい」

など、それぞれの生徒さんがいろんな感想をお持ちでした。


今年は産休のピアニストの分の伴奏も私が受け持ったので、

ふだんピアノの仕事をしないのに、本番で2時間近く弾きっぱなしでした。


初歩の生徒さんの伴奏でも気を抜くと間違えたりしてしまいます。


自分でもスタミナが持つかどうか不安で、長時間いかに集中力を切らさずにやり切るか、

空手でつけた体力が生きるか否か・・・ちょっぴりバクチを打つような気分でもありました。


本番までの2週間は、夕方~夜までの数時間を生徒さんとの伴奏あわせ→

帰宅して夕食→夜中2時頃まで一人で練習、という生活で、

それに比べると当日は意外とラクでした。


いつもそうなんですが、本番前の大事なときに脱水症で熱を出してしまいました。


脱水症は薄い塩水を大量に飲むと治るんです。


生水は飲んでも出てしまうけれど、塩を入れるといくらでも体が吸収するそうです。


きょねん沖縄へ行った時に買ってきた塩は強い味方です。

201105170149000.jpg

弁護士列伝

さいきん遊んでもらっている友達、

岡田綾子さんのインタビュー記事が掲載されました。

http://blog.livedoor.jp/bengoshiretsuden/archives/51251263.html


出来はちがうが高校が一緒でした。


ソルフェージュ教室も一緒でした。


テストで

「Tempo I」

の読み方を書け、というのが出て


「テンポいち」

と解答したのを見られて大笑いされたことを覚えています。


ここのところ彼女にはよく相談にものってもらいます。


人生相談、恋愛相談、などなど~~


すると明快な言葉で分かりやすく返ってきます。


私は物事を深く考えないタチで、何度しっぺ返しを食らったことか。

みなさんよく考えましょう。


ホームに戻ると他の弁護士さんのインタビューも読めます。


てか弁護士って美人率高いね。

ヴァイオリンアンサンブル

逕サ蜒・002_convert_20101221125442


音楽教室の弦楽器部門のアンサンブルコンサートがありました。


夏はソロ発表会、冬はアンサンブルという

サイクルでの活動になってからだいぶ長くなりました。


アンサンブルをすることによって室内楽を楽しんだり、また

他の人と合わせる機会を持つことができるのは、

とても貴重な時間だと思います。


今回も指揮でお手伝いさせて頂きました。


アイネクライネナハトムジークのような軽快な曲よりも、

「主よ人の望みのよろこびよ」のような変化の少ない

ゆっくりと流れる曲をダレないように運ぶのがとても難しかったです。


それでもまいとし聴きに来る弟のT号に、

少しサマになってきた、

と言われました。

image007.jpg

弦楽器をやっている方も何人か聴きに来てくださり、ありがとうございました。

来年は、ぜひ参加してください! 一緒に楽しみましょう!!

石川利光リサイタル


大阪での本番が終了しました。

201011021842000.jpg


第14回石川利光尺八リサイタル(2010年11月2日)@ムラマツリサイタルホール新大阪

尺八  石川利光
vl.I 小笠原薫 vl.II 石川ちすみ
vla. 田口朝子 vc. 田中次郎  (敬省略)



この曲は10年以上も前、尺八と弦楽四重奏のために書いた曲で、

今回は2回目の演奏をして頂きました。
(まさか再演されるとは思わなかった)


素晴らしい演奏を、約200人のお客様に聴いて頂くことができました。


尺八特有の激しい息づかい、アーティキュレーションの作り方、

フレーズの運び方などが私の持つイメージにかなり近く、

嬉しく思いました。


弦楽器も全員で和音を作るところなどとても美しく、

10年以上経って自分の手を離れてしまったような曲を

客観的に聴くことができ、不思議な気持ちでした。


初演から時を経たことで、自分がずいぶん変わったせいか、聴きながら

「あれっ、次こーなるのね」

と曲の展開を意外に思ったし、今こういう曲はもう書けないと思います。


打ち上げの時に、お客様アンケート結果を見せて頂きました。


冬の木枯らしのような厳しいイメージで書いたピチカートの氾濫のところが

かわいかった

という感想があって、人それぞれいろんな感じ方があるんだなあ、と

その意外性をとても面白く思いました。


最後になりましたが、尺八の石川利光氏をはじめ、

素晴らしい共演をしてくださったカルテットの皆様、

コンサートに足を運んでくださった皆様に感謝申し上げます。


とっても素敵なコンサートでした。


本当にありがとうございました。

201011022029000.jpg

ナガノ&ウィーンコンサート


本番がひとつ終了しました。


東山魁夷館20周年記念のギャラリーコンサートで、

たくさんの名画に囲まれてのコンサートでした。

@休憩中
201009221945000.jpg


モーツァルトのピアノコンチェルトを室内楽用にアレンジさせて頂きました。


ウィーンフィルのメンバーと地元のミュージシャンのみなさんによる演奏、

とても良かったです。


演奏者やスタッフのみなさん、また聴きに来てくださったみなさん、

ありがとうございました。


展示作品の中でも有名な作品

「緑響く」

を、中学のころ生徒会のみんなでステージバックの絵として

模写したことがありました。(当時の写真です↓)

IMG_0001_convert_20100923171609s.jpg


ついでにこれも。

文化祭の時の。これはKちゃんのオリジナルだな。たぶん。

IMG_0002_convert_20100923224129.jpg


なつかしー。

みんなどーしてるかなー。





| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。