スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ボサ・ノヴァ


先日テレビでピアニストのピリスのレッスン風景を何気なく見ていたら、

最後にブラジルの民族音楽の中に混じって、

普段クラシックのレッスンを受けている生徒たちが即興で参加していた。


このバンド、パーカッションが主体で手で直接叩く太鼓やタンバリンが

リズミックに連続して鳴っている。


ピアノのレッスン内容もいつもとても興味深いけれど、

こんな民族音楽に触れるのもとても面白いことだと思う。



先日、東京へ行ったときに時間があったので駅前デパートをうろうろして、

買い物をけっこうしてしまった。


CDとかTシャツとか。


ブラジル音楽がまだ頭の片隅あったのか、ボサノヴァを2枚

200907021902000.jpg


これはスペインのデザイナーの手によるTシャツ、ひと目で気に入った。

かわいいっしょ。

200907021904000.jpg
スポンサーサイト

アコちゃん


留学中、ホームシックにならないように持っていった、私のお気に入りの1枚。



Piano NightlyPiano Nightly
(1995/10/21)
矢野顕子

商品詳細を見る



このCD、フランス人の友達に貸してあげたことがあったんです。

さいしょは反応がなかったので、お気に召さなかったのかな、と

思っていたら、2,3日して

「そのCDもう一度かして」

と。


「聴いた時は、ふ~ん、っ聴いていたんだけれど、

後からその曲を思い出したときに、ふと、いい音楽だったな、て思ったの」


と言われました。


凄いもの、ってすぐに意識されないことって時々ありますよね。



私だけですか?





| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。