スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

幼児のソルフェージュ

レッスンをしていたら誰かが

ピンポンピンポンピンポンピンポン

と訪ねてきました。


3才の豆粒のようなかわいい女の子をつれたお母さんが、

娘にピアノをやらせたいのでみてくれますか?

とのこと。


習い事のひとつとしてピアノをやる人がすごく多いです。


でも右手と左手がちがうことをしながら楽譜を読んで拍をとって…と、

じつはとても難し~い楽器。


小さいうちから個人レッスンを始めればうまくなる、

といういうものでは決してないと思います。


最初の1~2年は歌を歌ったりリトミックをしたりして導入の部分を作って

音楽に親しませてから楽器に向かわせた方がかえって良いのではないかと思います。
スポンサーサイト

ソルフェージュを継続する時期


習い事ってそういうものなんでしょう・・・


中学に上がって秋ごろになると、部活や勉強で忙しくなって

それまで続けていたソルフェージュを辞めてしまう生徒さんが出てきます。


しかしこの時期にやめてしまうのは非常にもったいない。


中学は仕込みに一番良い時期。


せっかく続けてきて力をつけているのだから、

レッスンに来るだけでも細々とでも続けるのと、

すっかり辞めてしまうのとでは、のちのち大きく変わってきます。



楽器だけ一生懸命弾いていても上手くならないんですよぉ。






| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。