スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

藤倉大コンサート

いま売れっ子作曲家の、藤倉大氏の個展を聴きに行って来ました
(2012年10月11日@サントリーホール)
DSC_4672a_convert_20121016220327.jpg

この人の作品は、友人のサクソフォニストの大石将紀氏のコンサートで初めて聴きました。
「SAKANA」というタイトルの通り、まさに、魚が水の中でゆったりと泳いでいるような印象的な曲でした。

この日はオーケストラ作品を主に演奏されました。
以前、聴いた曲もあって、それが全くちがう曲のように聞こえたのが不思議。
演奏って大事なんだなぁ、とあらためて思いました。


さて、長野に帰ってから、また行って来ましたよ、
山下達郎シアターライブ。

定評があるギターのカッティングを間近で見ることができて感激。
バックミュージシャンの演奏もイイ!

CDだけを聴いていると、それほどアップテンポでもない曲が、映像を見ると、
意外と細かいリズムをきざんでいたりして、それがまた新鮮に聴こえますね。

さいきん手に入れたCD。オススメです。

スポンサーサイト

芥川作曲賞

芥川作曲賞を聴きに行ってきました。(2012年8月26日@サントリーホール)

523343_275312119251650_974114104_n_convert_20120828013350.jpg

音楽家ではない人に、

「音楽にも芥川賞があるんですね」

と言われ、現代の新しい音楽はまだまだ浸透していないんだなあ、

と感じざるをえないのがちょっと残念です。

(これは芥川龍之介のご子息で作曲家だった也寸志氏の功績を記念して、
サントリー財団により創設された賞で、今年で22回目になります。)

大胆な楽想あり、身体に浸み込んでいくような楽想あり、楽しい一日となりました。

ここ数年、受賞者を決める、審査員による講評は聞かずに帰るざんす。

誰が受賞するか予想しながらバクチを打つような気分で帰りたいから。

コンサート二つ

先週は二つのコンサートを聴いてきました。

ひとつは松村禎三のオペラ「沈黙(遠藤周作原作)」
(2012年2月17日@新国立劇場)
DSC_0116_convert_20120223222500.jpg


キリスト教弾圧下の日本の物語で、遠藤周作特有の重さを感じさせる内容でした。

15年くらい前の初演も聴きましたが、まだ若かったせいかピンとこない印象がありました。


今回はこの人このあとどうなるんだろう、とか、

自分だったらどういう選択をするだろう、

とドキドキしながら引き込まれて行きました。


歌がとても美しかった。


忘れられないコンサートになりそうです。


日曜日は地元のアマチュアオーケストラ、

長野フィルハーモニー管弦楽団のコンサート(2月19日@ホクト文化ホール)


シェエラザードを聴くことができて感激。


指揮はなんと!去年秋のブザンソンコンクールで優勝した垣内悠希氏で、

毎週末の練習も何回か見せて頂きました(@休憩中)
DSC_0117_convert_20120223223339.jpg


王子様のような容貌(あー!一緒に写真とってもらえばよかったヨ!!)と

溌剌とした指揮、そして熱い厚い音に思わず引き込まれて行きました。


こちらも忘れられないコンサートとなりそうです。

第九

第九を聴きに東京へ行ってきました。
(2011年12月19日 読響@サントリーホール)


今年3回目の第九。


3人の指揮者のうちお二人が

「3楽章は素晴らしい」

と。


私は2楽章の颯爽としたテンポとリズム感が好きです。


帰りの新幹線の中で会場でもらったチラシの束を見ていたらこんなのが・・・

知ってはいたけど活字になるとまた可笑しい。
DSC_0023_convert_20111220212357.jpg





第九@軽井沢

涼しくなりましたねー


今日は小布施まで用事があり行ってきましたが、緑は相変わらずこんもりときれいです。

最近よく見る白いあじさい。小さい花がたくさんついていてきれいですね。
201107110955000.jpg

先週は同窓会の翌日、大賀典雄氏の追悼コンサートで第九を聴きに行ってきました
(2011年8月14日@軽井沢大賀ホール)
201108141634001.jpg

ダニエル・ハーディングの指揮が見たくて出かけたのですが、

久しぶりに聴いた第九、本当にシンプルで明るい曲ですね。


急に楽想が転換するような大胆さも好きです。


第九はあまりにも有名なので、

今までじっくりスコアをにらんだことがあまりなかったことを反省。。。


大音量のオケを生で聴くのって大きな喜びだと思うんですよ。


何人かの生徒さんにすすめたら、コンサートが終わって感激して電話までくれました。

他の生徒さんは、帰ってから家族みんなで他の演奏と聴きくらべてみた、とか。


最近クルマの中でよく聴いているお気に入りは

バーンスタイン×ウィーンフィル

初めてこづかいはたいて買ったのがこのベートーヴェン全集です。


12月には知り合いの指揮者が振る本番もありますし、指揮の先生の本番も聴きたいなぁ、

と思っているので、今年あと2回は生で聴けそうです。


軽井沢は涼しかった。お盆で人がすごかったので、

近くのカフェの中庭でコーヒーだけ頂いて帰りました。うまかった。
201108141656000.jpg

ダイナマイト・ジャズ

チェリストのカレンさんが、数年間オーストラリアで修行をして帰ってきたので、

久しぶりにジャズライブにご一緒させて頂きました。


以前このバーでお見合いをしたことがあって、お相手の方が良く訪れるとのことだったので

またバッタリ再会するのではないかとドキドキ(でも会わなかった)


この日は、

Dynamite Jazz Quartet@groovy

saxophone 小林裕之 
piano 秋山桂一郎 
bass 武井弘明
drums 山田和矢



とにかくパワフルなステージでした。


地元にこんなに素晴らしいミュージシャンが存在したとは知らなかったです。


いろんな音楽を生で聴くのは楽しいですね♪


カレンさんと何を話したかと言うと、やっぱり海外生活のこと。


海外じゃちゃんと自己主張しないとバカにされるのよねぇ・・・

んで自己主張することを覚えて日本に帰ってくると嫌われるのよねぇ・・・・

文化の壁ってやっぱりむずかしいわ、おくさん。



オーストラリア、行ってみたいなぁ。

コンサートのお知らせ

IMG_convert_20100912234057.jpg


10年以上前に書いた拙作が、

ひょんなことから再演されることになりました。

曲も喜ぶと思います。


尺八の石川利光氏のリサイタルにて

「宵闇の丹花~尺八と弦楽四重奏のための」


関西の方はぜひ~

詳しくはコチラ↓
http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/kansai/detail.php?id=10717

サイトウキネンフェスティバル


サイトウキネンフェスティバルのコンサートを

聴きに行ってきました。
(2010年9月5日(日)@長野県松本文化会館)

201009051538000.jpg


プログラム
チャイコフスキー:「弦楽セレナード」より第1楽章
武満徹:ノヴェンバー・ステップス
ベルリオーズ:幻想交響曲



今回、小澤さんが交代となり驚きました。


そして指揮でお世話になっている下野竜也先生が振られることを知ってもっと驚き、

本番をとても楽しみにして出かけました。


始まる前に小澤さんご本人がステージに出て気さくに話されるのを聞きながら、

「サイトウキネンを聴きに来るようになってからけっこう長いんだよナー」

とじーんとしてしまいました。


ベルリオーズがとにかく良かったです。


「オーケストラの大音量を聴く悦(よろこ)び」

ってこういうことを言うのでしょうね。


長い曲に一瞬たりとも退屈な時間がない、

素晴らしい演奏を聴くことができて、感激して帰ってきました。




夏休み中のコンサートと展覧会


最近知り合った、上田の南米人の知り合いに

「夏休みがとれそうなんヨ。

現代音楽のコンサートを聴きたいけど、長野でなにかある?」


と聞かれました。


長野での現代音楽のコンサートは残念ながら思い当たりません。


彼女まだ日本語もつたなく、楽しめれば音楽じゃなくてもいいらしい。


東京へ出ちゃったほうがいろいろやっているだろうな。


そういえば写真家のマン・レイ展のパンフがあったな

と思い出して、いつも面白そうなのをレッスン室にはっているおカんに

「マン・レイのパンフはありますか?」

と聞いたら、


「万兵衛?!」


と聞き返されました。



↓夏休みのオススメ↓

ル・ジュルナル・ド・パリ@東京オペラシティ コンサートホール
9月17日(金) 19:00 ガラ・コンサート
9月18日(土) 14:00 / 16:00 / 18:00 / 20:00  1日全4回
9月19日(日) 14:00 / 16:00 / 18:00 / 20:00  1日全4回
9月20日(月・祝)  14:00 / 16:00 / 18:00 / 20:00  1日全4回

オルセー美術館展@国立新美術館
2010.8.16(月)まで

マン・レイ展@東京 国立新美術館
2010.9.13(月)まで
       @大阪 国立国際美術館
2010.9.28(火)~11.14(日)




       わしもなにか行きたい。。。。。




コンサートのお知らせ


作曲、アレンジ作品の本番が決まりました。

とりあえずお知らせまで。



室内楽用アレンジ 
モーツァルト ピアノコンチェルト第23番 A dur K.488
9月22日(水)
東山魁夷館20周年記念ギャラリーコンサート@東山魁夷館


出 演 (敬称略)
ヴァイオリン:ビルギット・コーラ、ヘルムートラッキンガー
ヴィオラ:ウェルナー・フランク
チェロ:ヨゼフ・ルイツ
ピ ア ノ:深沢 雅美  
フルート:宮岡由美子  
クラリネット:伝田高広  
ファゴット: 山上貴司 

      
オリジナル作品の再演
宵闇の丹花~尺八と弦楽四重奏のための(1999年初演) 
11月2日(火)
第14回 石川利光尺八リサイタル@ムラマツリサイタルホール新大阪


出 演 (敬称略)
尺八:石川 利光
ヴァイオリン:小笠原 薫、石川ちすみ
ヴィオラ:田口朝子
チェロ:田中次郎





| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。