スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

鷹論。

ゴールドフィンガー鷹さんがどう考えてどう生きてきたか

という事に興味を持って手に取った一冊です。



行動を起こすときは、《5W2H》なんですって。

5W  いつ「when」、どこで「where」、なにを「what」、なんのために「why」、誰と「who」

2H  どのように「how」、いくらで「how much」


あと「お偉いさん」と「偉い人」はちがうんですって。

エイズ防止キャンペーンについて書かれたくだりを興味深く読みました。

日本のクラシック音楽の現状に通じるところがあるな、と。


面白かったです。
スポンサーサイト

ブルース・リーの哲学


読みたかったのに絶版になってしまってなかなか手に入らず、

ヤフオクで手に入れました。


ブルース・リーノーツ―内なる戦士をめぐる哲学断章

IMG_convert_20100918210021.jpg


すごいです、この本。


ワシントン大学で哲学を専攻したブルース・リー自身の哲学が満載。


私にはまだ難しくてわからないところもあります。


本の中に、

無心、無意識という考え方は、

テーブルから飛び降りるネコの自然な反応に似ていて、

われわれは死に向かって落ちていく過程にいるのと同じだ


というくだりがあって、ここに出てきた禅語の一説が印象に残りました。


生きている間は死人であれ。

死に徹せよ。

何事にせよ、自分の思うままに行動すれば、すべてがうまく行く。


片づけのための本

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣たった1分で人生が変わる 片づけの習慣
(2009/12/16)
小松 易

商品詳細を見る


今日はお休みなので、

本棚の中のいらない本を整理しました。


少し前に広告で見つけたこの本、

よさそうだなと思って友人のRちゃんと

電話してるときに話しました。


友人のRちゃんの部屋はもの凄く散らかってるらしいです。


なんと

「片づけのための本」

もたくさん散らかってるらしい。


彼女この本を同じもの2冊買っちゃって、

うち1冊が出てこない、見つかったらあげるよ

と言ってました。


いつになるんだろう。。。




松本清張


友達のOさんから本をもらいました。


黒地の絵 (新潮文庫―傑作短編集)黒地の絵 (新潮文庫―傑作短編集)
(1965/10)
松本 清張

商品詳細を見る



松本清張は夜寝る前のお供にぴったり。


短編がいくつか入っていて、

日本のアカデミズムを鋭く表現した

「真贋の森」という作品がとても面白かったんです。


主人公が腹の中でライバルをバカにするくだりには笑える。


ライバルをこき下ろそうとたくらんだ最後には…!!




面白かった本

体温を上げると健康になる体温を上げると健康になる
(2009/03/16)
齋藤 真嗣

商品詳細を見る



家にあったのでざっと読んでみました。


朝起きたらまず白湯を飲み、30分ほどのウォーキングに出かけ、

帰ってきたら生野菜ジュースを作って飲むのがいいらしい。


今朝、やってみました。


グレープフルーツジュースをベースに、

にんじんほうれん草キャベツグレープフルーツ(本物)を

ミキサーにかけて飲む。


ウマイ!

それに気分も爽快だし

201003041047000.jpg


この朝のウォーキング(ジョギングでもいいらしい)は、

雨の日も風の日も欠かさず行き、

生野菜ジュースも長期間続けることに意味があるらしい。


ワシにできるかなあ。


いや無理だろう。。。。




おもしろかった本

岡本 裕 著  
「9割の病気は自分で治せる」





以下、抜粋です。


病の状態は大きく次の3つに分けることができる


1.医者が関わっても関わらなくても治る病気

2.医者が関わって初めて治る病気

3.医者が関わっても関わらなくても治らない病気


また、サプリメントは次の2つに大きく分けられる


1.ベースサプリメント(マルチビタミンや魚の油など食材として

摂取している栄養成分で、良い健康状態を維持する)

2.アクティブサプリメント(健康状態をより協力に推進し、

病気の予防などに役立てる機能性食品。

市販のサプリメントのほとんどはこれにあたる)


まずベースサプリメントをしっかりと摂った上で、

アクティブサプリメントを摂ることが有効らしい。


健康管理を見直す良いきっかけになる一冊です。




日本人のメンタルトレーニング


両親がしばらく旅行に出ていた。


外が急激に寒くなったせいかあまり活動する気にもならず、

台所の暖房機の前にヨガマットを敷いて一人でずーっずーっと本を読んでいた。


最近は心理学系統の本を読むことが多いかなあ。


今は試合前でちょっと緊張しているということもあって、

興味深く読んだのはこの本。


mental_19536619.jpg

長田一臣著 日本人のメンタルトレーニング


独特の語り口もさることながら、内容もとても面白い。


稽古内容や練習量とは別に、

「本番でもう少し落ち着いて試合にのぞめればなあ」

と、自分でいつも思うのです。


ピアノを小さい頃からずっとやってきたからさぞ本番慣れしているだろう、

と思いきや、これがまた別物のようにちがうんですな。


著者自身の子供の頃、友達の見様見真似から

独りでヒザの上で練習して突然ピアノを弾いた話や、

入試のために半年間シミュレーション訓練をした話もたいへん興味深く、

そしてチャーミングな一面も見ることのできるオススメの一冊です。




部屋キタナイ


台所に置いてあった本。




部屋や机の上がきれいに整理できていないと、運気が逃げるらしい。

そんなことあるんかいなと思いながら、

読みやすい文章にどんどん読み進むうちにすっかりその気になって

部屋を片付け始めた。(わしは洗脳されやすい。)


DVDにダビングしようと思っていたビデオや、

ヤフーオークションで売ろうと思っていたモノもたまる一方で、

息が詰まりそうだ。


で、捨てる。


捨てる。


捨てる。


スポスポ捨てるうちに少しづつ気持ちが軽くなってきた。
(ホント、洗脳されやすいな)


でも、必要なモノって実はすごく少ない。


本当にすぐ必要になるものって、私にとっては楽譜とCDぐらいのものだと思う。




古本の行く末


長年買いためた本が増えた。


ただでさえ部屋には楽譜が多い。


整理しないと身動きがとれなくなって、

一生この部屋で暮らすことになりそうだ。


いつも購入するばかりのネット書店、アマゾンで本を売ってみた。

売り方を工夫したり、お金の流れを知ることができる、

と聞いたことがあったのでいつかやってみようと思っていた。



大学のときに買ったインドの本。


古書が何冊も売り出されていたし、内容もアンダーグラウンドなので

売れないだろうな、と思っていたらこの本、もう絶版になっているらしく、

すぐに買い手がついた。


プチプチで包んで添え書きをつけて封筒に入れて郵送。

少々面倒でも、すごく安い値段でも捨てるよりマシ。


後日、購入者からコメントがもらえる。

「ていねいに包んであって好感が持てた」

とうれしい一言がもらえた。


この一連の作業がけっこう面白かった。


売れたから面白く感じたのかな。




面白かった本


なんでも売れているらしい。

 


前から気になっていたので2冊読んでみた。


私のもともとの性格なのか、脳に問題があるのか、

よく人の笑いをさそうようなヘマをしてしまう。


たまにおこられる。



先日、大活躍中のミュージシャンの友達が、

「さいきん自分の頭がヤバい」

と言っていたのでちょっと驚いた。


生活習慣などで誰にでも起こりうることらしい。


ページを開いてみると・・・・


自分に思い当たるふしがいっぱい。


頭が混乱したら、まず机の片付けがいいらしい。


それと、小さな平面をずっと見つめるだけでなく、

外に出て散歩をして、遠くの山を見たり近くの花を見たりして、

目のフォーカス機能を使うようにするのもいいらしい。


前者を読んで、納得したら後者を読むといいと言う人が多いようだ。


私は前者がとても面白かった。


後者も読んでけっして損はしないと思う。





| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。