スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

おとなのけんか

さいきんやっと、無駄な時間を過ごして楽しめるようになりました。

とても面白い映画があったのでご紹介します。

ピリピリしながら見ていて、時々、プッとふき出す作品です。


スポンサーサイト

グレン・グールド

グレン・グールドのドキュメンタリー映画を観てきました。

IMGould_convert_20111104213313.jpg


変人で人嫌いのイメージばっかりだったのが、

人間らしい面をたくさん見ることができたし、

晩年の孤独もふくめてとてもとても感激しました。


もう一回みたい。

ファンの方はぜひ~!!!

↓渋谷のアップリンクで観ました。
http://www.uplink.co.jp/gould/theater.php

外国人による日本の討論番組

地震がおさまらないので不安定な造りになっている自室で寝るのが怖くて、

普段はいない弟のS号の2階の部屋のベッドで勝手に寝てたら腰が痛くなって・・・

太極拳+静養で治りました。


久しぶりに稽古にも出ました。


夜遅く道着の洗濯をしながらテレビをつけて、朝日ニュースターの

「月間国際観察」

原発事故についてイタリア・フランス・韓国・オーストラリア人ジャーナリストなどが

それぞれの考えを話していました。


「東電は国有化した方が良いか否か」

などの議題でしたが、外国人は言うことがものすごくハッキリしていますね。


だからわかりやすい。


特にこういった問題についてはとても分かりやすいです。


事実を提示した上で、なぜそうなのか、また外から見た日本人の傾向など、

一人一人の意見がはっきりしてます。


知識をタテに相手を論破することに躍起になっている討論番組は、

見ていて疲れるだけです。

専門的な知識を持たないわれわれ一般人が

議論に参加しにくいような気分にもなってしまいます。


立場のちがう様々な国の人たちばかりだから成り立つ番組なのかもしれませんが、

こういう議論だったら私たちも参加できそうです。


眠かったけれど面白くて見入ってしまいました。

よかった映画

ミッキー・ローク主演

「レスラー」




各国の映画賞で数々の受賞したプロレスラーの物語。


ミッキーロークなつかしい。


デカいホチキスで相手の体をぱちんぱちんするわ

リング上に置いた有刺鉄線の上に突き落とすわモノで叩いて血だらけにするわ、

と股がすーすーするシーン満載。


でもなにかいい後味が残る作品でした。

メンタリスト

受験生はいよいよラストスパートの時期となりました。


いやがおうにも結果はやってきます。


中にはナイーブな生徒さんもいて体調を悪くしたりしているようですが、

不安要素をできるだけ取り除いて、少しくらい図々しくなって踏ん張ってほしいです。


さて、いまアメリカの海外ドラマ

「メンタリスト」

にハマってしまい、欠かさずに見ています。


今、シーズン1を見終えたところです。


学生のころ「ツインピークス」にもハマったり、

最近では「24時間」を見ていた時期もありました。


アメリカ海外ドラマってなぜかハマりますね。


「メンタリスト」は出演者が魅力的。


昔、イカサマ?霊能者をやっていたジェーン(サイモン・ベイカー)が

CBI(California Bureau of Investigation=カリフォルニア州の凶悪犯罪を解決する警察機関)の

助っ人として、容疑者の心を読んだりカマをかけたりしながら事件を解決していきます。


サイモン・ベイカー
201102021352001s.jpg


ジェーンの仲間のうちの一人、いつもクールでときどきお茶目な

チョウ捜査官(ティム・カン)にノックダウンされました。

カコイイ Chu~☆ \(ε ̄\)~~~~~
201102021404000s.jpg

おすすめ映画

お休みなのでDVDを借りてきました。


3~4本目になるとけつが痛い。


今日おもしろかったのは

「スラムドッグ$ミリオネア」


世界各国で人気の

クイズミリオネア

をめぐるお話でございます。




貧民街出身の少年がこんなに物知りなわけね-だろ

と疑いの目を向けられます。


そんなシナリオよりも印象深いのが、貫き通す

純愛


学生時代、好きな男を脅して付きあわせたあの頃がなつかしい。

アメリカンギャングスター


ピアノの本番でステマネ(ステージマネージャー:譜面台を用意したり
ピアノのフタを開け閉めしたりするコンサートアシスタント。音大生が
よくアルバイトでやります)
をした弟のS号に、舞台袖で

ピアノのフタを閉めて

と頼んだら、

その作業はまだしたことがない、フタにアタマをはさんだら困る

と言われて

「ソウ 4」

で刑事が頭を氷柱にはさまれるシーンを思い出しました。


「ソウ」シリーズはちょっと前までこわくて見れなかったのに、

今ではご飯を食べながら見れるほど図太くなりました。


慣れって怖いね。


今日はお休みだったので映画を観ました。


アメリカンギャングスター
アメリカン・ギャングスター 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]アメリカン・ギャングスター 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]
(2010/04/02)
ルビー・ディーキウェテル・イジョフォー

商品詳細を見る


この映画、非情なギャングが怒ってピアノのフタで手下をバンバンする

そのまんまシーンがあります。


実際には不可能だと思うけれど、

かなり股がすーすーするシーンではあります。


けっこう面白いですよ、この映画。




おすすめ映画


ああうれしい休養日。


映画チャンネルで

「13/ザメッティ」

を観ました。


すんごい面白かった~



あんまり良かったもんで知り合いにすすめました。


そしたらメールをもらいました。



救われない物語ですね~。

あんな家族思いの弟がどうして…。\(TдT)/

しかし、フィルム・ノワールにありがちな、
くどくどしい“男の美学”とは無縁の、
シンプルでありながら、おどろおどろしくも、
緻密な描写には、惹き付けられました。

フランス版、ジェームス・ディーンのような
主役の青年の、憂いを帯びた表情もきれいでしたし、
最初、重苦しく感じられたモノクロ画面も、
ワンシーン、ワンシーンの、
構図やライティングが絵画のようで、
監督の非凡さを感じました。




・・・・評論家みたいな文章だ・・・




シンデレラマン


以前ご紹介した

「勝負脳の鍛え方」




この記事です。
http://rithmiqueman.blog108.fc2.com/blog-entry-437.html

本の中ですすめられていた

「シンデレラマン」

という映画を観ました。


一度はライセンスをはく奪されたボクサーが返り咲くという実話に基づくストーリー。


著者によるとこれが「勝負脳」をうまく使った良い例らしい。


スポーツをやらない人にも、作品としてとても面白いと思います。




オススメ映画

きょうはオフ。


家でのんびり過ごしています。


「ジョーズ3」



「旅立ちの時」

を観る。




リバー・フェニックス超美形。

彼女役も超美形。


若くして逝ったリバーフェニックス。


才能を認められた人って何故か(?_?)早く逝ってしまう。


ヘビーでさりげない、とてもいい映画だった。


久しぶりにいい映画を観たような気がする。


おまけ画像
同居人の拳骨さん@エサのキャベツの下で昼寝中
ツノ出てるで

200907241904000.jpg

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。