スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ビリーズブートキャンプ

タバコをやめてから3年半。(よい子のみなさん、タバコは絶対にやめましょう)

健康にはなりましたが、プーップーッと太ってただいま12Kg増。

腰の調子がいいときは、コレですよコレ!

27-06-07_2253.jpg


40分近くノンストップで突きや蹴りの入ったエクササイズはけっこうキツい。

する前は面倒でいやだなー、とウダウダして、準備体操に入ると「あーしんどい。やっぱりやらなければ良かった」。

本格的に始まるとすぐに楽しくなる。

やった後は気持ちがイイ!

スポンサーサイト

太極拳

腰痛治療の目的で始めた太極拳はそろそろ3ヶ月経とうとしています。
今まで良いと聞いた治療院はあちこち行きましたが、どうやら太極拳をやることで汗をかいて治すのが一番良いようで、やり終わった後腰の辺りに安定した感覚が残るのです。

他に来ている方は、空手に比べるとご年配が多く、ヘルニアが治ったとか、背骨が正しい位置に戻って背が伸びた、と聞きました。

今まで週1回だったのを今週から2回に。

ゆ~っくりした動きですが、それを保つのがけっこうキツイ。汗もかくし、身体にほどよい疲れが残ってイイ気分。

腰痛が良くなったら休会している空手を再開させて、早くあばれたいっす。

ハイドン

ハイドンのシンフォニーを聴いてみたい、フランス人の演奏で、とふと思いたち探してみましたが思うものが見つかりませんでした。

ぜんぜんハイドンと関係ないけど、フランス人の録音ではデュトワ&パスカル・ロジェのサンサーンスのピアノコンチェルトのCDがとても気に入っています。演奏にクセはないけど雰囲気があっていいな。細かいパッセージなどが軽快なせいか、ロジェは昔からお兄さんのようなイメージがありますが、もう大御所です。

最近はフランスの若手ですごい人が何人も出てきて、独特な奏法がまたいいです。

次から次へと思いついたものを聴いていたらあっという間に時間が経って、最初のハイドンという目的を忘れていたのでした。

弦楽四重奏

先週末、母のカルテットの本番がありました。
最近カルテットでの活動が多くなり、私も時々聴きに行っています。

今日は母の小学校時代の担任の先生がいらしていました。齢82だそうですが、70才前に見えました。なんてお若い!先生はこのコンサートをとても喜んでいらっしゃいましたが、母もまたとても嬉しそうでした。

もしかしたら30年後、私の本番に子供時代の学校の担任の先生が来て下さるかも・・・50年後、私自身が今の生徒さんの本番を聴きに足を運ぶようになるかも・・・と考えていました。

考えていたらなんだか異次元の世界に行ったような気分になりました。

今日は父の日

何か贈り物を、と思うのですが着るものや装飾品は好みがあるので選ぶのがなかなか難しい。お酒も飲まない。ということで今年は甘党の父に、まんじゅうや大福や栄養ドリンクをコンビニでいろいろ仕入れてきました。コンビニに置いてあるものはバラで品数が多く、一口で食べやすいので時と場合によって気が利いていることもありますね。たくさん買ってきてネット書店の箱につめてあげました。

インプロヴィゼーション

inprov.poster-blog


ソルフェージュ教室でのレッスンの一環として、今月末にインプロヴィゼーション(即興)の特別レッスンを行ないます。留学時代にインプロヴィゼーションのクラスで一緒だったサクソフォニストの大石将紀さんに講師として来ていただきます。

ここで言う「インプロヴィゼーション」は現代音楽の即興です。ジャズのそれとは違うので、パターンやコードは関係ありませんが、表現したいことを明確に表に出すことをかなり要求される音楽です。

このような未知のジャンルも時々紹介していけたらなぁ、と思います

暑い一日だった

私の部屋は家から飛び出て(?)います。
部屋の六方のうち一面しか家にくっついていないような感じで、真下は車庫です。気候の変化をモロに受けて夏は暑く冬は寒いのですが、私には快適な部屋でほぼ一日中部屋にこもっています。
曲を書いたりソルフェージュ教室の案内書を作ったりしていましたが、やっぱりア・ツ・イ!

運良く外に出る用事を思い出したのでクルマを飛ばして逃避行。帰ってくる頃にはすっかり夜になっていたのですが、緑の匂いや田んぼのカエルくんの鳴き声で気持ちいいことといったら!

田舎のいいところですね。



指揮マスタークラス

読売交響楽団の正指揮者の下野竜也先生による指揮マスターコースを上野学園にて受講させて頂きました。
指揮の勉強は昔からしたいと思っていて、数ヶ月前に先生の本番を聴いたのがきっかけとなり、今回レッスンをお願いすることとなりました。

課題曲はハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンのシンフォニー。
実際に振ると、自分が思っているように手が動かなくて基本的な拍すらも正しく振れません。普段、私がソルフェージュの生徒さんに言っている事と同じ指摘をされ、なんとも情けない気分になってしまいました。

先生が時々やってみてくださる棒は、ほとんど動かない棒先からでも演奏家にきちんと伝わっていってとても不思議なものを感じました。

内容の濃い一日となり、久しぶりに学生に戻ったような気分でした。社会に出ても日々勉強なのだな、と思います。
しばらく一人で勉強です。半年後にもう一度あるレッスンの時に、自分がどのようになっているのか楽しみです。

ブログを始めました

ソルフェージュ講師をしています。
本業は作曲・編曲です。

日々思ったこと、考えたことなどを書いていきたいと思います。

よろしくお願いします

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。