スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

おすすめ映画

お休みなのでDVDを借りてきました。


3~4本目になるとけつが痛い。


今日おもしろかったのは

「スラムドッグ$ミリオネア」


世界各国で人気の

クイズミリオネア

をめぐるお話でございます。




貧民街出身の少年がこんなに物知りなわけね-だろ

と疑いの目を向けられます。


そんなシナリオよりも印象深いのが、貫き通す

純愛


学生時代、好きな男を脅して付きあわせたあの頃がなつかしい。
スポンサーサイト

ピアノの技術

ピアノの発表会がありました。


来年受験する生徒さんの副科ピアノの課題曲の度胸試しに

何人か出たので、聴きに行ってきました。


こんかい発表会に出た生徒さんに限らずよくピアノを聴いてほしいと言われ、

その時にものすごく多くの人に感じるのは

曲だけを弾いていて、技術面での基礎練習を怠っている

という事です。


基礎練習を怠ると楽器と触れる手がしっかりしないため、

フォルテの音がきたない

速いパッセージで上滑りする


といった演奏になりがちです。


それをペダル踏みっぱなしてカバーするケースも多く、聴いている方は

1万人がバラバラに読経している所へ拉致られる

ような気分になります。


正しい手指の形を意識して、ツェルニーなどエチュードの

日常的な弾き込みをすることで大きく変わってくると思います。


結果的にはいろんな曲が弾けていろんな表現ができるようになるので、

楽しみは広がりますよね。


ということで、グッドバイサンキュー

こてっちゃん♂ その2

産まれた翌日、甥っ子のこてっちゃん♂(仮名)に会いに行きました。


生後24時間というほやほやのほっぺに触ると、

触れたか触れないか分からないくらい柔らかい。


コワモテでチャリがしっかりしているのでケンカ好きそうに見える。
201011231056001.jpg

至近距離で見るとさらに凄味が増す。
201011231057000.jpg

もっと近くに寄ると神様みたい
201011231107000.jpg

こてっちゃん♂

弟のT号の二人目の子供が産まれました。


こてっちゃん♂(仮名)

image005.jpg


予定は12月だったので、ゆうべも義妹のみかんと

一緒にデパートでご飯を食べたりしていたのでした。


今朝、起きたら産まれたよ、と。


あわてて病院に行ったら、両家の家族がみんな解散した後でした。


また明日、見に行ってこよー。


お兄ちゃんになった甥っ子のタローはうちに来ています。

こてっちゃんはタローにそっくりらしい。。。


寂しい思いをさせたらかわいそうなので、

絵を描いたりカードゲームをして遊んでるので、ハイになってます。

201011221604000.jpg

ボジョレー・ヌーボー




毎年解禁日に買うボジョレーヌーヴォーです。


フランスのワインを日本で買うとだいたい3倍くらいの値段になっています。


季節の風物詩ということで一応買うのですが、すぐ頂くのはもったいなくて

クリスマスに開けようね

で、クリスマスになるとシャンパンを飲んじゃう。

じゃ、お正月に開けようね

誕生日に開けようね

と先延ばし。


今年は解禁日に飲もう。


あぁ、まずかったなあ。。。

人間ドックの水槽

こないだ受けた人間ドックに行くと、受付の前にある大きな水槽。

これを見るのがいつも楽しみ。

201011101144000.jpg


駐在さんのように、受付の人にいろいろ聞いてみたところによると、

以前はここの先生が水槽のそうじなど管理をしていたらしい。
(先生かわいそう)


あるとき水槽の中が空っぽになっていたことがあったけど、

また見事に復活。


今は業者が管理してるらしい。


エビはいつもたくさんの足を動かしていてかわいい。

固形エサをあげると抱えてさささーと走る姿がまたかわいい。

201011101145001.jpg

楽器グッズ

音楽をやっている人にとっては文房具など音符や楽器のグッズ、うれしいですよね。


先日、こんなチョコレートを頂きました。

201011151258000.jpg


しかも!!神戸の高級チョコレート!!!


少しずつ食べようとお昼に台所に置いておいたら・・・!!!


夕方開けたときにほとんどなくなっていました。


ワタシは怒り心頭。


夕方で先から帰ってきたおトんが

「僕、トランペットの食べよー」

と言っていたのを思い出したり、

弟のT号がデカい口を広げて食べていたのを思い出したり。


あのデカい口で!!


T号にちがいない!!


怒りのメールを送りながら、自分で子供みたいだとハッとしました。。。。


おしまい。

寒い季節の怪談

レッスンが終わってから高校生の生徒さんが、


「聞いてほしい話があります。

今日、みんなが帰ってから友達とふたりで学校に残ってたんです。

一緒に廊下を歩いてたら、後ろから

ダダダダダ打惰陀駄堕・・・・

ってすごい勢いで走ってくる人がいたのでふり返ったら誰もいなかったんです。」


いっしょだった友達も足音を聞いたらしいです。



生徒さんが帰ってから・・・


肩が重い。。。


すごく重い。。。。


足音の人を落としていったんではないかと・・・・

ご近所への音の問題

受験生のレッスンがありました。


この生徒さんの自宅は森の中の一軒家で、ふつうはついて回る

「ご近所への音の問題」

とは無縁で、防音施設なしに夜中まで音だし可能という家。



そんな環境のメリットあり、デメリットもあり。


・・・いろんな虫が出るらしいです。


本人は虫がキライなのにもかかわらず、

進学校の生徒らしくいろいろな種類を熟知しており、

名前から形態からこまかあに説明してくれます。


その彼女、夕方に自宅の窓のところに緑色のヒモがからまっていたので

「もう!危ないじゃん」

と片付けようとつかんだらヌメっとしたらしいんです。


わけわからずそのまま上に持ち上げたら・・・・!!

1メートルほどのアオダイショウが2匹絡み合っていたそうで。。。。


んで、そのヘビをどうしたかというと・・・


大騒ぎして、窓が割れるほど叩きつけた

とのことです。


そのまま天国に行ったかもしれません。


グッドバイサンキュー

人間ドック



だいぶ秋らしい気候になりました。
明日、人間ドックのため東京に前泊します。
現在の長野市と東京の様子です。
銀座はもうクリスマスらしく装飾されていました。

@H邸

永遠の盟友、H氏のお宅が完成したので邪魔しに行ってきました。


収納が多く、家全体が暖かい設計になっている設計士さんの

この細やかな心くばり、日本人の琴線に触れる住宅の典型例と言えるでしょう。


しかもこの設計士さん、ワシのことをきれいな人と。イイ人ですね。


玄関のコート掛けはオイルヒーターになっているので、

コートを掛けておくと乾く&玄関が暖かいという、寒い長野にはうれしい造り

201010311935000.jpg


一句できたぞ(「こち亀」の五所河原親分ふう)

暖房機

かゆいところに手がとどく

信州の北、さいはての地よ



玄関とリビングは遮断されず、様子がよく分かります。

201011032045000.jpg


3人は並べる使いやすいキッチンはリビング直結

奥さん

「何人もでご飯が作れます」

わしは手伝わんぞ

201010311800001.jpg


2階もあります。白木のままなので新しい匂いが・・・

上がったら子供がすでに就寝していたので・・・

布団に入りこんで起こしました

201010311936000.jpg


狭い土地をフル活用した収納の多さ

201010311800000.jpg


おされ外灯。

201010311803000.jpg

イラッシャーイ!!

おいしいお好み焼き屋


大阪2日目は美術館やお好み焼き屋などへ行って遊んで帰りました。

なんば。祝日だったので人がわんさか。
あぁ、都会だなぁ。。。

201011031212000.jpg


国立美術館でやっているマンレイ展、けっこう良かったです。

マンレイは写真を撮ったり、絵を描いたり、オブジェを作ったり

していた人です。


写真がとてもきれいでした。


なぜだろう・・・

美人ばっかり撮ってるのかな、と思ってよく見るとそうでもない。


エッチな形のペーパ-ウェイトがあって、それが気に入りました。

ショップに模造品があるかなーと思って見たけれど、なかったです。


お好み焼き屋。

以前、先輩が連れて行ってくれてとってもおいしかったので、

以来大阪に行った時にはここへ行きます。

「美津の」
大阪市中央区道頓堀1-4-15
営業時間 11:00~22:00
     (L.O.21:30)年中無休
tel/06-6212-6360
http://www.mizuno-osaka.com


201011031257000.jpg

石川利光リサイタル


大阪での本番が終了しました。

201011021842000.jpg


第14回石川利光尺八リサイタル(2010年11月2日)@ムラマツリサイタルホール新大阪

尺八  石川利光
vl.I 小笠原薫 vl.II 石川ちすみ
vla. 田口朝子 vc. 田中次郎  (敬省略)



この曲は10年以上も前、尺八と弦楽四重奏のために書いた曲で、

今回は2回目の演奏をして頂きました。
(まさか再演されるとは思わなかった)


素晴らしい演奏を、約200人のお客様に聴いて頂くことができました。


尺八特有の激しい息づかい、アーティキュレーションの作り方、

フレーズの運び方などが私の持つイメージにかなり近く、

嬉しく思いました。


弦楽器も全員で和音を作るところなどとても美しく、

10年以上経って自分の手を離れてしまったような曲を

客観的に聴くことができ、不思議な気持ちでした。


初演から時を経たことで、自分がずいぶん変わったせいか、聴きながら

「あれっ、次こーなるのね」

と曲の展開を意外に思ったし、今こういう曲はもう書けないと思います。


打ち上げの時に、お客様アンケート結果を見せて頂きました。


冬の木枯らしのような厳しいイメージで書いたピチカートの氾濫のところが

かわいかった

という感想があって、人それぞれいろんな感じ方があるんだなあ、と

その意外性をとても面白く思いました。


最後になりましたが、尺八の石川利光氏をはじめ、

素晴らしい共演をしてくださったカルテットの皆様、

コンサートに足を運んでくださった皆様に感謝申し上げます。


とっても素敵なコンサートでした。


本当にありがとうございました。

201011022029000.jpg

名古屋に着いたよ


これから大阪で本番だよ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。